旧モーガン邸とは

藤沢市大鋸に昭和6年(1931)に建てられた建築家J.H.モーガンの旧邸があります。スパニッシュスタイルの要素を取り入れた外観に和洋折衷の室内を持つこの家は、建築家の自邸としてだけでなく、湘南地域に分布する昭和初期の別荘や邸宅の中にあって住宅史的にも文化史的にも価値のある建物です。

 モーガン亡き後何人かの手に渡りましたが、最後の所有者が負債を抱えたため、㈱整理回収機構の管理下で債権処理の対象になっていました。

 1999年11月23日「旧モーガン邸を守る会」を結成し、この建物の存在と価値を広め、緑豊かな環境と共に保存し活用したいと願い、活動しました。6年間の活動が実り、2005年8月に藤沢市と(公財)日本ナショナルトラストによって取得され、復原改修後一般公開されることになっていました。

 ところが2007年5月、2008年1月と二度の火災に遭い、かなりの損傷を受けてしまいました。しかし、玄関や暖炉、床、地下室などは残っており、修復再生をめざして募金活動「オレンジ瓦プロジェクト」を立ち上げました。

二度目の火災から10年。旧モーガン邸は保護のための覆い屋の中で再生の日を待っています。

 毎月の庭園清掃と公開で年間1500人ほどの来場者があります。多くの皆さんにこの場所の歴史と文化を楽しんでいただき、ボランティア活動で維持管理しながら、再生活用をめざして募金活動を続けつつ構想を練っています。